ダイビングでの船酔い対策

私はダイビングを始めた当初、人並み外れて船酔いました。船だけでなくて、波に浮いてるときも、潜ってるときも酔いました。冗談抜きでダイビング後は歩けないくらい酔っていました。
 
今でも酔いますが、かなり強くなりました。それはもう劇的な変化です!そこで長きにわたる船酔いとの戦いから得たノウハウを書いてみたいと思います。

船酔い対策としてよく言われるのが、遠くを見つめる事。多少効果があります。視点を思うように定められないことが、船酔いの原因の1つのようです。目をつぶっているのも同様に効果あり。しかし、ポイントについてから機材を背負っている間に酔ってしまいます。こればっかりは、手際良くエントリーの準備をするしかありません。

次に酔い止め薬を飲む。これは良く効きます。でも私の場合効きすぎて起きてられないくらい眠くなってしまい危ないので止めました。酔い止め薬派の人は多いので体に合えばいいと思います。酔う前に飲むドリンクタイプもあります。(お医者さんに処方してもらったほうが安心です。)

しかし、薬をあまり飲みたくない人や根本的に強くなりたい人には、三半規管を鍛える体操がお勧めです。これは次回に詳しく書いてみたいと思います。

そして、前日のお酒は我慢したほうが断然酔いにくいです。前日にガバガバ飲んで翌日ケロッとして潜っている人いますが、つられて飲むと地獄です。あと、臭いも避けたいです。ボートのエンジンからの煙や人によってはタバコの煙は嗅いでいると船酔いが悪化します。風上に逃げましょう。近くにいるとかなりきます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ダイバーの為の船酔い克服体操
船酔い克服体操のご紹介です。三半規管を鍛えます。   私はこの体操を続けたおかげ......
ダイビングでの船酔い対策2
でも、なんだかんだ言って究極の船酔い対策は慣れだと思います。 ダイビングを始めた......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

スキューバダイビングを20倍楽しむアイデア:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.diving20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。